コンタクトレンズ娘を眼鏡っ娘に変えるには?

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る

今回は少し趣向を変えたお話をしたいと思います。

普段コンタクトレンズを使っていて人前では眼鏡は絶対に掛けない女の子に、メガネスキーが眼鏡を掛けさせたいと思ったとします。

さて、どうすればいいでしょうか?


眼鏡を嫌がるコンタクトレンズ娘

一般に、コンタクトレンズを常用している女の子は眼鏡を掛けたがりません。

否、眼鏡が嫌だからこそコンタクトレンズにする訳ですが。

わざわざコンタクトレンズにするのはあらゆる意味でコストが掛かります。

眼鏡でも構わないと思うのであれば、そのようなコストは割に合わないと思う筈です。

幾つかの例

制作者の学生時代の同期

私の学生時代の同期の女の子で、前日片方のソフトレンズが洗浄中に破れてしまったため破れなかった方だけ装着して大学に来ていた娘がいました。

  • 以前にも書きましたが当時はまだ使い捨てソフトレンズがなかったため、ソフトレンズでは毎日例外なく洗浄が必要でした。今でも 2ウィークレンズでは毎日の洗浄が必要ですが。

普通なら諦めて眼鏡で通学するべき局面でしたが、決して眼鏡を掛けなかったのです。

その娘は「家では眼鏡にしている」との事でしたが、結局卒業まで眼鏡を掛けて大学に来た事はありませんでした。

水咲れのの場合

いわゆる"お菓子アイドル"だった水咲れのはハードコンタクトレンズを使用しておりました

そして、彼女が活躍していた雑誌には登場アイドルに眼鏡を掛けさせるコーナもありました。

なのに、コンタクトレンズを使っていて明らかに目が悪い筈の水咲れのは結局最後まで眼鏡コーナに登場する事はありませんでした。

  • その一方で、制作者が見てきた限りでは眼鏡コーナに出ていた女の子で普段の写真でのコンタクトレンズ使用が確認できた娘はいませんでした。
  • ネットでの噂ですが、水咲れのは撮影時以外は眼鏡すら掛けず裸眼でいたそうですが、コンタクトレンズ無しではスタッフの顔が判別出来ない程視力が低かったそうです。

水咲れのがハードコンタクトを装着している写真は何枚もあり、水咲れのがコンタクトレンズを常用している=目が悪いと言うのは恐らく多くの読者が気付いていた筈です。

そうでなくても、当時人気ナンバーワンだった事もあり、「水咲れのに眼鏡を」と言うリクエストは多数あったと思います。

でも、本人が眼鏡を掛けるのを嫌がったのか、結局水咲れのに眼鏡を掛けさせた企画は行われませんでした。

メガネスキーは確かに多い

その一方で、メガネスキーの人口は確かに多いようです。少なくともコンタクトレンズスキーよりは。

以前から話題にしているウェブコミック徒然チルドレン』第十六話『コンタクト』でもヒロイン・上根綾香がコンタクトレンズ娘と言う設定です。

で、同作品を公開している某 N静画では上根綾香に対して眼鏡にすれば最高なのにと言う閲覧者コメントが投げられておりました

もっとも、上根綾香が眼鏡を掛けている場面はざっと調べてみても全く見付けられません。

  • そんなに上根綾香に眼鏡を掛けさせたかったら、上根綾香のアップ場面をダウンロードして自分で眼鏡を描き足せば良いのではないでしょうかね?w

これは偏見かも知れませんが、特に二次元派にはメガネスキー率は高いようです。

答えは実に簡単

コンタクトレンズ娘を眼鏡っ娘に変えるにはどうすればいいか?

この答えは実は意外に簡単?です。

それはそのメガネスキーがその女の子の彼氏になれば良いのです。

以前、ある女性の方から聞いたのですが、

  • 「普段コンタクト使っている娘でも、好きな人が眼鏡スキーと分かればあっさり眼鏡に戻す筈。女の子ってそう言う生き物」

との事です。

要するに、本当に好きな相手であれば何でも言う事を聞くのが女の子なんだそうです。

  • 個人的には「ほんまかいな」と思いましたがw

まぁあれこれ干渉して無理強いすると失敗するでしょうが、「お前、眼鏡が似合うんじゃね?」と軽く唆してその気にさせてやれば、たまには眼鏡を掛けてくれるようになるかも知れません。

或いは、今だったら恐らく使い捨てソフトレンズでしょうから、ストックが切れて已む無く眼鏡を掛けてきた時に大いに褒めてやるとかでしょうか。

立ちそびえる果てしなく高いハードル?

とは言え、この答えを実現するにはそのコンタクトレンズ娘がそのメガネスキーに恋心を抱かなければいけません

そうでない限り、そのコンタクトレンズ娘にコンタクトレンズを外させる事は極めて困難でしょう。

そう考えると、これは果てしなく高いハードルが目の前にあると言う事になるのでしょうかねえ…?

或いは、言うは易し行うは難しってやつでしょうか…?